これまで電気は各地域の大手電力会社が独占的に販売していましたが、自由化後は電力会社を自由に選べるようになりました。
日本国内では2000年から、大規模工場やデパートなど電力使用量の大きい需要家を対象として自由化がスタートし、段階的に進められてきました。
2016年4月からは「電力小売全面自由化」となり、その範囲は一般家庭や飲食店、商店向けまで拡大し、すべての消費者が電力会社や料金プランを自由に選択できるようになりました。
電力自由化にともない、国の登録を受けて「新電力」と言われる小売電力事業者が誕生しました。
石川電力は、地域密着で格安に電力を供給する新電力会社です。


詳細はこちら