コラム

  1. トップ
  2. コラム
  3. 豆知識
  4. 電気代節約にも!離れた家族の見守りにも!便利なスマートメーター生活

電気代節約にも!離れた家族の見守りにも!便利なスマートメーター生活

電気使用量をカウントする電力メーターが、スマートメーターという新しいタイプの装置に切り替わりつつあるのをご存知でしょうか。

スマートメーターとはどのような特徴や機能を持つ装置なのか、新しく設置することで私たちにとってどんなメリットがあるのかお伝えしていきます!

 

≫スマートメーター?機能や特徴とは


スマートメーターは電気使用量をデジタルで計測する、通信機能を備えた電力メーターです。従来のアナログ式の電力量計(メーター)からスマートメーターへの取り替えは、2016年の電力自由化の前から大手電力会社によって順次、行われています。

 

各家庭やオフィスの30分ごとの電気使用量を計測し、なおかつ通信機能を使ってそのデータ(積算値)を電力会社のサーバーに送信する機能を持っています。

表示がデジタル式であることも、スマートメーターの大きな特徴です。(ただし、デジタル式のメーターが全てスマートメーターというわけではなく、通信機能を持たないデジタル式メーターもあります。通信機能を持つメーターだけをスマートメーターと呼びます。)

 

≫スマートメーターのメリット


(1)訪問による検針が不要になる

従来型のアナログ式電力メーターを使っている場合は、月に一度検針員が検針を行います。しかし、スマートメーターが導入されれば、通信機能により遠隔での検針ができます。検針員が直接訪問して検針しなくなるため、防犯面でも安心です。

2)アンペア数の変更がスムーズになる

引越しをした、もしくは使用する家電が多くなったという理由でアンペア数を変更するケースがあります。これまでは分電盤に設置されているアンペアブレーカーを取り替える必要がありましたが、スマートメーターの導入によって、遠隔操作でアンペア数を変更できるようになりました。原則として作業時の立ち会いも必要ありません。

3)停電時の復旧が早い

スマートメーターにはブレーカー機能が備わっています。電気を一度に多く使い過ぎて停電状態になったとき、これまではアンペアブレーカーを手動で元の位置に戻すことで電気が復旧していました。スマートメーターの場合は、約10秒で自動復旧します。

4)電気使用量の「見える化」が可能に

スマートメーターで計測したご使用量をリアルタイムでお客さまの端末機器へ送信することができます。契約している電力会社のウェブサイトで、電気の使用量をグラフなどで確認できます。

≫スマートメーターの設置によって何が変わる?


スマートメーターの設置により、私たちの生活が大きく変わることが期待されています。

省エネ・節電の計画が立てやすくなる

電気使用量が「見える化」されることで、30分ごとの電気の使用状況を把握することが可能になり、省エネ・節電の計画が立てやすくなります。ほぼリアルタイムで電気の使用量がわかるので、そのデータを元に、最適な電気料金プランを選べます。

◎離れて暮らす家族の「見守り」が可能になる

今後の未来はスマートメーターの導入により、遠く離れて暮らす高齢のご家族の「見守り」が可能になっていくそうです。
たとえば、スマートメーターが30分ごとに計測する電気使用量のデータに異変があったときに契約者に連絡したり、電気使用量の少ない時間帯があったときなどに訪問対応を行ったりするサービスが一部の電力会社で提供されているそうです。

もちろん、高齢のご家族だけでなく、留守番中のお子さんの見守りも可能に。お子さんが帰宅して電化製品を使うと、電力の消費量が増加しますが、この情報の通知を受けることで、お子さんが帰宅したかどうかを勤務先などで確認できるようなシステムもご利用できるような未来になっていくようです。

 


≫最後に・・・

省エネ・節電につながり、遠く離れた家族の見守り支援も可能になるなど、メリットの多いスマートメーター。電気の消費量をリアルタイムで確認できる「電気の見える化」により、わたしたちのライフスタイルも大きく変わりそうですね。

使用する電力量が多い3人以上のご家庭や、時期によって電気代にバラつきのある場合などにも最適です。スマートメーターの導入をきっかけに、電気代を見直したいと考えるようになった方も少なくないはずです。

いかがでしたでしょうか。少しでもスマートメーターの便利さが伝われば幸いです。

 

※スマートメーターの設備についてのお問い合わせは北陸電力送配電へご連絡ください。

お問い合わせ

電気料金に関することやご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。